先祖と正座

掲載日2012/08/27
投稿者コニー(秋田県女性)
8月は盛夏といわれてるが今年もかなりの暑さで熱中症になる人が多い。暑い、暑いと言っても8月はお盆だ。お盆の日にちは地方によって違うようだが私の住む秋田県は8月13日から16日がお盆の期間でお盆休みで都会から帰省して墓参りする人が多い。私が子供の頃はお盆には家族そろってお墓参りし先祖が好きだった好物をお墓に供え花を手向け拝み亡き先祖を思い出していた。お墓参りが終わればお寺に家族で行き正座してロウソクや線香をあげ先祖の為に拝んだ。夜になると先祖の霊を迎え入れるために家の外で火を焚いて迎え火をした。今はほとんど迎え火を焚いてる家が少なくなった。昔は迎え火を焚き子供達が花火をしたりスイカを食べたり賑やかだったが時代の変化と共にそういう光景も年々少なくなってきた。お盆の時は正座して先祖を崇拝し懐かしい思い出話を家族でしたいものである。

あわせて読みたい