山でも正座

掲載日2006/10/23
投稿者katura
久々に、某霊山に登り、そこで3日間を過ごしました。
宿泊の場所は、そこの山で一番古い宿坊です。

そこでの殆どを正座で過ごしました。
さすがに足が痛い!

下山する前に偶然、舞の奉納の儀式があり、それを拝見する事ができました。
普段、日本舞踊とかは退屈に思って好んで見ないタイプなのですが、この日は違いました。
その舞は、神様と共に楽しむというもので、代々受け継がれてきているものだそうです。

それを聞いたら、3日間正座をして痛い足でも、やっぱり姿勢を正して見たくなるものです。
1時間以上またもや正座をしていましたが、何故か辛いと感じませんでした。

何気ないことかもしれませんが、気持ちと姿勢の一致って大事な事かもしれません。

・・・と感じて下山をいたしました(^。^)

あわせて読みたい