明治時代の駕籠と正座

掲載日2015/12/28
投稿者小西洋子(秋田県女性)
紅葉が美しい季節になり旅行する人も多いです。今は交通が発展していて、飛行機や新幹線を利用しリラックスして旅ができますが、昔は交通の便が悪く歩いたり、明治時代は駕籠に乗って旅や行き来していました。駕籠の中はどうなっていたのか、正座していたのか、気になりますが、駕籠の中は正座が基本で足の伸ばせるくらいの状態だったようです。 駕籠に乗り山超え、谷超え大変な道中の中でも、正座して背筋を伸ばし移動するのは、さぞ大変だったろうと思います。

あわせて読みたい