正座の思い出

掲載日2002/02/10
投稿者sakura(女性)
あれは中学生3年生の冬。ヤンキーを気取っていた私は、「スキー授業なんてかったりぃーよ」と、担任には報告もせず授業をサボっていました。
授業を休んでいる人間は教室で自習をしなければならなかったので私はとりあえず教室で石炭ストーブで暖をとっていました。すると廊下を歩いてくる担任の足音。叱られるのはいやだと思い、担任が教室の前のとびらを開けると同時に私は後ろのドアから出ようとしたのだが・・・スカートがひっかかって・・・見つかってしまいました。そして2時間職員室で正座の罰を与えられたのです。
2時間くらい余裕♪と正座大好きな私は平気な顔をしていたのですが、木の床に直接2時間も正座しているとさすがに足もしびれていたのでしょう。(涙)
2時間経ち「教室に戻れ」と言われ立ち上がった瞬間!足がしびれているとは気づかないくらい感覚がなくなっていて、思い切り立ち上がった瞬間に、職員室の床でひっくり返りました。(笑)
歩けないのは当然といえば当然だったのですが・・・。そこで捻挫をしたらしく保健室に運び込まれ、そこでさらにペディキュアを保健室のばばぁ(笑)に見つかり、しこたま叱られたというあの頃の切ない正座の思い出。

あわせて読みたい