座禅の実践者としての一レポートです。

掲載日2006/07/16
投稿者katura
初めて投稿いたします。
10代の頃から正座には親しみがあり、当サイトにも座禅(正座)についての体験談について少し触れたコンテンツもあります。

効果的でお金もかからない修養方法だと思っており、実際に眠る前等は必ずそういった時間を設けています。
数年程真面目に続けると物事の捉え方等・全く違ったものになりました。
しかし、全ての人が喜んで続けられる事でもないのはよく解ります。

今は、正座とか禅とかはどちらかというと海外の方の方が興味があるみたいですね(*^。^*)
実際に私のいつもお世話になっている座禅専門の受け入れ施設では、日本なのに国際色豊かで、英語が喋れて当たり前の環境の中に入ります。

最初は不安でしたが、一定の期間を共に過ごすことで言葉の問題はそれ程気にならなくなり、友情感が芽生えます。
座禅の時間を共有した事が、一見障害になりそうな事をも崩してしまう様子です。

今までにそういった経験を何度もしております。

外見を気にするエチケットとして当たり前に生活に密着している歯磨きや洗顔と同じように、私にとって座禅(正座)は内面のエチケットです。

心に和みを取り入れる大切なひと時だと思っております。(^。^)

あわせて読みたい