変な癖

掲載日2002/06/16
投稿者のぞみ(22才女性)
私は子供の頃から正座するのが大好きでした。中学、高校(両方とも女子校)と校則がとても厳しく又忘れ物などした時なども罰として正座するのがきまりの学校で忘れ物や宿題をしてこなかった時は教室の前で校則違反は生活指導室での正座です。私はわざと忘れ物をしたりして正座させられたりしていたので同級生の中でも一番正座する回数は多かったと思います。教室での正座は授業の時間だけでしたが、生活指導室での正座は放課後までの正座です。持ち物検査などの時にわざと違反して正座するわけですが短パンに着替えさせられて先生から「放課後まで正座して反省する様に」言われる時は何かわくわくしていました。膝をきちんとそろえ冷たい床に正座している時はなぜだかとてもうれしかった様な思いです。一時間位で足が痺れてきますがその痺れが心地よく先生が見回ってきてもちゃんと正座していました。(たまにわざと少し足を崩していて反省の態度が悪いと言う事で次の日も正座させられたりもしていましたが)教室や指導室のほかにも職員室の廊下や正面玄関のタイル、校庭など正座していない場所はないくらいでした。今も同級会でも先生から「一番正座していたのはお前だ」と言われています。もう結婚しましたが主人にも結婚前その頃の話はよくしていましたので主人の前では必ず正座です。フローリングの床にじかに正座していますから足も結構いたいのですがそれが気持ちいいんです。おしおきで正座の時は玄関の外で正座させられてしまいます。

あわせて読みたい