正座の歴史

掲載日2009/01/25
投稿者コニー(秋田県女性)
正座の歴史を勉強してみると平安時代の絵巻物でも男子は立ち膝かあぐらで女子は横すわりで、正座の歴史は室町時代に茶道の発展と共に生まれたとのこと。室町時代に書院造りが広まり畳がしかれそれによって正座ができたということ初めて知って正座も伝統あるものだと教えれた。正座は伝統、日本の文化、日本の美に正座はなくてはならないものだと改めて知らされた、正しく座ることを正座というなど今まで考えもしてこなかった。正座は心身の健康にいいし、ずいぶん正座はおくの深いものだと改めて教えられる。

あわせて読みたい